2017/06/16

SATCのキャリー様ご近所


ニューヨークシティの初日はAirBnB利用でグリニッジ・ヴィレッジに宿泊しました。
60年代はヒッピーなネイバーフッドだったという伝説の「ヴィレッジ」が、今ではすっかりアップスケールになっててもうとにかくオサレ。


どこをみてもオシャレ。
歩いてる人が、頭からつま先までオシャレ。


ややホラーなドアノッカーもオシャレ。


非常階段も自転車も植木もふつうにオサレである。


こういう人はシアトルでは見かけないなー。


どの窓辺も気合いがはいっている。


この町に住む以上はこじゃれた窓辺にしないと大ひんしゅくを買うのだろう。
なにしろ『SEX AND THE CITY』のキャリーが住んでいたというネイバーフッド。


これがドラマに出てきたキャリー様のご住宅だそうで、観光客が写真を撮りに来るので階段に勝手に上がれないよう立ち入り禁止の鎖がはってある。
もちろん住んでいる人がいて、「SHAME ON YOU, TRUMP!(恥を知れトランプ!)」という、現職大統領をディスるポエムが窓に貼ってありました。

お家賃(借家だとしたら)おいくらなんでしょうね。

同行の白金マダムMちゃんがNYCで一番行きたかったというのがこの家。
わたしはSATCってシーズン2の途中くらいまでしか観てないんだけど。


ジャズクラブのヴィレッジヴァンガードとかがあるあたりは、60年代はこうだったのかなあという面影がちょっとのこっている気がする。


シアトルにはオシャレな人がいない、と誰もが言うので一体何を言ってるんだと思ってたけど、うん、わかった。ニューヨークの人はたしかにファッショナブルだ。

シアトルの人は、肩の張ったオシャレをしないのがオシャレと思ってる感じがする。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿